« 黙読の山 | トップページ | 英語の謎 »

2020年10月30日 (金)

殿、ご乱心でござる

殿、ご乱心でござる/中山良昭(洋泉社・歴史新書,2016)
 江戸時代、さまざまな理由から藩の存続を危機に追いやり、大名の地位を追われた「乱臣の殿様」たちの行状をまとめた本。
 取り上げた事例はけっこう多いが、なにしろ殿様一人あたり2ページから、長くても6ページ、大半は4ページ。おまけに字が大きい。ページ数も200ページ足らずだし、正直言って読みごたえは薄い。早く読めるのだけが取り柄。

 第1章「刃傷事件――人を殺めた殿様」。いきなりとんでもない殿様たちが集まっている。トップは赤穂藩の浅野長矩で、これはやはりそうかと言う気がする。
 他に内藤忠勝、水野忠恒など、全7人。さすがに殺人ともなると切腹という処分が多いが、水野忠恒みたいに、発狂扱いで蟄居謹慎という処分もある(藩は改易だが)。
 第2章「狂乱殿様――発狂してしまった殿様」は、松平忠之、松平光通、稲葉紀通など8人。「乱心」の本来の意味に一番近い人たちである。
 陽明学にのめりこんだり、残虐行為に走ったり、鬱病になったり。中には伊丹勝守みたいに、江戸城の厠で自殺したということしかわからない謎の死をとげた人もいる。実のところ、本当に狂ったのではなく、都合により発狂したことにされた人もいたのではないかと思われる。他の章にもそういう事例は多数ある。
 第3章「セクハラ大名――女性問題でしくじった大名」。江戸時代にセクハラなんて概念はあり得ないので、このタイトルはちょっとどうかと思う。それはともかく、吉原の大夫に入れあげたり、酒食にふけったり、要するに女性関係で不行跡があったということである。伊達綱宗、前田茂勝など5人。
 第4章「幽閉藩主――投獄された殿様」。これは要するに、家臣とのトラブルで失脚した殿様たち。水野忠辰、溝口政親など7人。この人たちは本当に乱心したのではなく、そういうことにされたのだろう。
 第5章「幕政批判――幕府に反逆した殿様」。幕府に反逆というか、むしろ立場は逆で、時の将軍にとって都合が悪いから消された、みたいなケースが目立つ。松平忠輝や徳川忠直など、その典型。他に堀田正信、坂崎直盛など、全7人。最後の坂崎などは本当の乱心だが、その他は前の章と同じように、名目上発狂として処理された場合が多い。
 第6章「御家騒動――家臣と喧嘩した殿様」。これも家臣とのトラブル。大名が偏狭で独善的だったりするケースが多いが、単に性格に問題があるだけで、乱心というのはどうなのだろう。トラブルの果てに正気と思えない行動をする事例もあるようだが(加藤明成みたいに)。黒田忠之、伊達秀宗、宗義成、徳川光圀など9人。
 あの水戸黄門こと徳川光圀も入っているのである。よほど気に入らなかったのか、家臣を斬ったのだが、御三家の威光のおかげか御家騒動にまではならなかった。しかし徳川光圀も、かなりヤバい人だったのは確かなようである。

 こうしてみると、たまに有名な人も出てくるものの、ほとんどは親藩や譜代の中小大名の事例。大藩はあまり出てこないが、その中で前田家と伊達家だけが妙に多い。不思議なような、やはりそうなのかという気もするような…。

Tonogoranshin

|

« 黙読の山 | トップページ | 英語の謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黙読の山 | トップページ | 英語の謎 »