« ことばはフラフラ変わる | トップページ | 大航宙時代 »

2021年1月30日 (土)

北朝の天皇

北朝の天皇 「室町幕府に翻弄された皇統」の実像/石原比伊呂(中公新書,2020)
 去年、本ブログで『南朝全史』という本を紹介した(2020年6月27日のエントリー)。で、今度は北朝である。
 考えてみれば、北朝の歴代天皇は正統の天皇と見なされずに代数にも数えられてないし、南朝以上に不遇に取り扱われているとも言える。少なくとも後世の歴史では。
 そのせいか、北朝のみに焦点を当てた本は少ない。専門書はともかく、新書となると、他に見たことがない。
 しかし鎌倉末から室町時代にはれっきとした公式政府の朝廷だったわけで、その歴史はもっとクローズアップされることがあっていい。
 ――と、本書の著者は考えたのかどうか。とにかく、「はじめに」によれば、「中世という時代を泳ぎ切れた」生命力に注目したとのこと。

 ところで、本書のタイトルは「北朝」だが、南北朝時代だけを扱っているわけではない。鎌倉時代後期から室町・戦国時代を扱っている。その点では『南朝全史』と同じようなもの。
 ただ、南朝の場合は南北朝時代が記述のメインだったのに対し、本書で一番興味深いのは、むしろ南北朝が終わってから後。戦国時代に入る前の、室町時代中期・後期の皇室と幕府の関係を述べている第3章から第5章あたり。
 南北朝は室町幕府3代将軍足利義満の時代に終わる。その次の将軍足利義持は「王家」(つまり北朝)の執事みたいな役割を果たしており、天皇を「丸抱え」していた。金銭面も含めて冠婚葬祭全般にわたって面倒を見るのである。これ以降の将軍も同様。
 幕府の方はその見返りとして、弱体な将軍権威を天皇権威で保証されることにより維持していた。そんな将軍と天皇の相互依存みたいな関係が、室町幕府の実態だった。
 著者はこの時期の天皇と将軍の関係を「儀礼的昵懇関係」と呼んでいるが、個人的にも実際に昵懇だった例もあったらしい。足利義政などは、天皇としょっちゅう宴会をしていたという。(そういえば、ゆうきまさみの『新九郎奔る』5巻に、義政と帝の酒宴シーンが一場面だけ出てきていた。)
 権謀術数の見本のようでもあり、妙に人間くさくもある、そんな関係を描き出すことこそが、本書の趣旨なのだろう。タイトルは『室町幕府と天皇』の方がふさわしかったのでは。

 

|

« ことばはフラフラ変わる | トップページ | 大航宙時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ことばはフラフラ変わる | トップページ | 大航宙時代 »