« カミュ『ペスト』 | トップページ | ラッフルズ・ホーの奇蹟 »

2021年1月 2日 (土)

劉備玄徳の素顔

劉備玄徳の素顔/島崎晋(MdN新書,2020)
 正史『三国志』を主な史料とした、劉備の一代記。
 著者は歴史学者ではなく歴史ライター。独自の史観や新説みたいなものはないが、一般の歴史好き読者に向けて丁寧な解説を心がけているのがわかる。専門性は薄いが、良書ではないだろうか。序章でも言及しているように、明らかに映画『新解釈・三国志』の便乗出版ではあるが。

 内容は、劉備の生涯を、その転機ごとに5章に分けて叙述するオーソドックスな構成。
 序章「演義と正史のギャップ」は、劉備に対する後世の評価と、主な史料について解説していて、本書の中で一番歴史書らしい部分。
 第1章「一族期待の星」は、劉備の出生と教育、義勇軍としての活躍の始まりまでを述べる。劉備の属する涿郡劉氏は地方の名族であり、劉備が貧しい暮らしをしていたというのは、世間向けのポーズではないだろうかとの説は説得力がある。
 第2章「群雄割拠の狭間」。公孫瓚、陶謙、曹操、袁紹と、次々と陣営を変え、曹操に敗れて劉表のもとに逃げ込むまでの劉備の遍歴。負け続けの経歴のようだが、それでも生き残ってきたところに、著者は劉備のしぶとさを評価している。
 第3章「新たな出会い」は、三国志ドラマの一番の見せ場のところ。荊州での諸葛亮との出会い、孫権との同盟と赤壁の戦い。そして荊州(の一部)領有まで。
 しかし、本書での赤壁の戦いについての記述は簡略。だいたい、劉備軍はこの戦いでは脇役でしかなかったのだから仕方ないが。史料によっては、劉備は何もせずに戦いの行方を観望していただけだったとの記述もあるが、著者は、さすがにそれはないだろうと書いている。
 第4章「漢を継ぐ者」は、劉備の益州領有と、皇帝即位まで。劉備が一番上り調子だった時期だが、同時に、だんだんたちが悪くなってくる。益州征服での劉備の策略など、卑怯としか言いようがない。著者も「これでは信義に厚いどころか、腹黒そのものである」と酷評している。
 しかし考えてみれば、劉備は以前から人を裏切り続けてきたのだから、もともと腹黒なのだと言われても仕方ないのである。
 第5章「劉備の聖人君子化」。劉備の夷陵の戦いでの大敗と、その死。夷陵での劉備の拙劣な作戦について、著者は「老化のせい」と推測している。最後に、後世に創られた劉備像(「うさんくさい聖人君子化」)について、簡単に触れている。

 著者が序章で述べているように、曹操についての著作は何冊もあるが、劉備だけにスポットを当てた単独の著作はなかなか見当たらない。思うに、劉備の事績を史料に基づいて掘り下げて行くと、実はかなりあくどい人物だということがいやでもわかってしまうからではないだろうか。本書で明らかになったように。
 だが、本書での劉備像は別に目新しいものではなく、陳舜臣の『秘本三国志』に登場する劉備は、だいたいこんな風な食えない男だった。ブログ主にとって本書は、「劉備というのはやっぱりそういうやつだったか」ということを再確認できた本だった。そしてこういう劉備の人物像がブログ主は嫌いではない。少なくとも、「三国志演義」に出てくるような、偽善めいた建前ばかり口にする優柔不断なキャラクターよりは、好感が持てるのである。

Ryubigentokunosugao

 

|

« カミュ『ペスト』 | トップページ | ラッフルズ・ホーの奇蹟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カミュ『ペスト』 | トップページ | ラッフルズ・ホーの奇蹟 »