« ビッグデータ・コネクト | トップページ | 言葉人形 »

2021年2月27日 (土)

古くさいぞ私は

古くさいぞ私は/坪内祐三(晶文社,2000)
 昨年死去した坪内祐三の「ヴァラエティ・ブック」。
 ヴァラエティというだけあって、雑多な内容(ただし、本の話題が多い)。ページによって字の組み方もバラバラ。
 あとがきによると、植草甚一みたいな本を作りたかったのだという。なお、タイトルは荒川洋治の詩集『あたらしいぞ私は』のもじり。
 内容は7章に分かれていて、それぞれの章の扉には「古」「く」「さ」「い」「ぞ」「私」「は」と、章のタイトル(?)が大きく書かれている。
 あちこちの雑誌に掲載したエッセイ、コラムを集めたものだが、同じ雑誌に載ったものが同じ章に固まっているとは限らない。要するにまとまりがない。そこが「ヴァラエティ・ブック」らしいところなのだろう。

1「古」は、神保町についてのエッセイ3編。
2「く」は、読書についてのエッセイと対談14編。
3「さ」。前半は、明治の文学についてのエッセイ6編。後半は「スタンレー鈴木のニッポン文学知ったかぶり」と題する一連のエッセイ6編。スタンレー鈴木は日本文学を研究する日系2世という設定だが、もちろん坪内祐三が書いたもの。私小説を「ニッポン・ミニマリズム文学」と見なしている。
4「い」は、大正から昭和にかけての文学・作家とその周辺についての10編。
5「ぞ」。またも本についての5編のエッセイ。2と違うところは、こちらの方がより私的な色合いが強いことだろうか。
 この章の後に「金子一平のTVウオッチング」というテレビ・芸能を語るエッセイが掲載されているが、これは明らかに5章とは独立したコーナーだと思われる。金子一平というのも著者のペンネームなのだろうが、こんなに芸能関係に詳しかったとは。ただの浮世離れした文学愛好者ではなかったらしい。
6「私」。タイトル(?)にふさわしく、身辺雑記みたいなものを集めている。若い頃に人力車を引いた思いでとか、講義を担当している女子短大での学生の生態とか、「アルジャーノン」論とか。
7「は」は、ローカルネタ。著者の暮らす世田谷区、中央線沿線の古本屋のことなど。
そして最後のエッセイ「植草甚一の日記を読むと、古本屋に出かけることになる」は、もろに植草甚一風。つまり、とりとめがなく、かつ知的。本書そのものを象徴しているようなエッセイである。

Furukusaizowatashiwa

|

« ビッグデータ・コネクト | トップページ | 言葉人形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビッグデータ・コネクト | トップページ | 言葉人形 »