« リラと戦禍の風 | トップページ | 青春の文語体 »

2021年2月16日 (火)

勲章

勲章 知られざる素顔/栗原俊雄(岩波新書,2011)
 日本の勲章の歴史と現状について解説する本。
 サブタイトルに「知られざる」とあるが、ブログ主に関してはまさにそのとおりだった。改めて考えてみると(いや、考えてみなくても)、勲章についてほとんど知らなかったことに気づく。
 今の日本にどんな種類の勲章があって、どんな風に制度が運用されているか、基本的なことさえ知らなかった。「文化勲章」だけは名前を知っていたが。それくらい、興味がなかったというのが本当のところ。しかし読んでみると、なかなか興味深いのだった。
 内容は全7章。
 
 第1章「勲章誕生――薩摩藩の野心、幕府の焦燥」は、日本の勲章の起源について。その歴史はそんなに古くはない。幕末から明治にかけて、世界との国交を開いた日本の、外交上の対面から生まれたものだったのだ。
 第2章「整えられる栄典制度――「大日本帝国」の下で」は、明治の勲章制度と、第二次世界大戦までの歴史を述べる。この時期一番多かったのは、軍人に贈られる金鵄勲章だったとのこと。
 第3章「生存者叙勲の停止と復活――戦後の転機(1)」は、戦後の勲章の歴史。敗戦による事実上の廃止から復活まで。
 第4章「相次ぐ批判、そして改革――戦後の転機(2)」。戦前のまま復活した勲章だが(金鵄勲章は除く)、「勲一等」などの等級づけに批判が多く、2002年から2003年の制度改革で、数字による等級は廃止され、勲章の名称が一変した。
 第5章「誰に、どの勲章を?――選考の過程」は、勲章の裏舞台について。叙勲対象者の選考と、その裏で展開される悲喜劇の数々。この章のテーマだけで、本が一冊書けそうである。
 第6章「国家との向き合い方――受勲者・拒否者たち」。叙勲の対象になった人々と、それに対する様々な思い。特に勲章を拒否した人々について詳しく述べられている。著者が一番書きたかったのは、この章のような気がする。
 第7章「売買される勲章――製造の現場と市場」。前半は勲章制作の現場ルポ。そして後半は、勲章売買の現場。かなりの数の勲章が売買されているという。

 最後は勲章市場という、やたら生臭い話で終わる。しょせん勲章とはその程度のもの――と言いたいような気がする。
 なるべく中立的に書こうとしているのはわかるが、それでも、実は著者が勲章制度について批判的であることが、随所に読み取れる。とはいえ、知らなかった情報が満載で、まさに知識の空白を埋める本だった。

 

|

« リラと戦禍の風 | トップページ | 青春の文語体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リラと戦禍の風 | トップページ | 青春の文語体 »